税理士は顧問料で安定を図る

若手税理士や、公認会計士のインタビュー記事などを紹介したり、会計や監査法人のニュース・情報を扱っているのが「公認会計士ナビ」です。
また、IPO情報、税理士・公認会計士を対象に行われるセミナーやイベントの情報も発信しています。
「公認会計士ナビ」に紹介されている、渋佐寿彦さんの記事をみてみました。
渋佐さんは、若い時に「虎ノ門公認会計士共同事務所」と設立して、その代表になりました。
顧客の大半は、監査法人に勤めていたときに知り合った人からの紹介や、前の職場の人脈でクライアントを紹介してもらっているそうです。
独立した当初は、コンサルティングが主な仕事だったようですが、収入の多い時と少ない時の差が大きいのが悩みだったと言います。
従業員を下手に雇うと、またそこで経費がかさみます。
そこで、安定した顧問料が見込める経験豊富な税理士を雇うという考えに至ったそうです。
「虎ノ門グループ」には、税理士、公認会計士、不動産鑑定士、弁護士、社会労務士などたくさんの精鋭が所属していて、そのつながりが次の仕事を呼ぶというメリットがあるそうです。

虫歯にならない人

小学校、中学校、高校まで一緒だった裕子(仮名)さんという友達がいます。
裕子さんとは、50代になった今でもメールでやり取りをするほど仲よくさせてもらっています。
その裕子さんは小学校6年の時、健康優良児で表彰されたことがありました。
健康優良児の条件として、“虫歯がないこと”と聞いて驚きました。
私は、当時奥歯が何本か虫歯に侵されていて歯医者に何度も通っていたので、そんな人がいるのかとびっくりしたんです。
「裕子ちゃん、いったいどんな生活して虫歯がゼロなん?」と聞いてみました。
裕子さんは「え?普通に生活しよるけど?うちの家系は、虫歯少ないけん遺伝かなぁ」と答えてくれました。
(ええ?!そんな羨ましい家系があるんや!)と心の中で叫びながら「へぇ、そうなんや」と平静に返しました。
虫歯は、あって当たり前と思っていたバカな私は、本当に衝撃を受けたんです。
歯医者に行くというあの苦痛を知らないなんて、そんな人生送ってみたかったなぁ。
ネット検索してみると、虫歯にならない人の特徴は、口の中に糖分がある時間が短いということです。
ながら食べや、だらだら食い(飴や甘いガムなど)は、虫歯の大敵なんですね。
裕子さん、今でも虫歯がないのか今度聞いてみようと思います。

相続税の節税対策は生前贈与が必須

わが家は一般家庭なので資産もなく、きっと相続の時がきたら揉めることなんてないんだと思いますが、資産がある家は大変でしょうね。
資産を受け継ぐとなると相続税が発生するので、相続税を抑えるためには早い段階から相続税の節税対策する必要があります。
相続税の節税対策も色々ありますが、生前贈与が必須です。
生前贈与が相続税の節税対策で最も有効で、これは被相続人が生きているうちに配偶者や子供に財産を贈与することです。
被相続人が亡くなった後に節税対策をしようと思っても、やれることはほとんどないので、亡くなった後に何とかしようと思っても遅いのです。
ですから生きているうちに何とかする必要があり、生前に資産を贈与して遺産を減らしておけば相続税の額を減らすことができるのです。
相続財産が多いほど支払う相続税も多くなりますが、少なくなれば支払う相続税も少なくなりますからね。
まあ、資産がたくさんある人なら生前贈与なんてすでに行っていると思いますが。
自分が死んだあとに家族が揉めないためにも、お金があっても無くても相続の事はしっかりと考えておきたいものですね。

美容院で指名するならやっぱりベテラン美容師!

私がそうなんですが、もし美容院に行って美容師さんを指名するなら「ベテラン美容師」をまず選ぶと思います。
だってベテランは断然経験値がありますもんね。
前に初々しい美容師さんに担当してもらったことがあったんですが、おどおどしていて「(心の声)おーい失敗しないでくれよ~!」とカット中気が気でなかったことがあります。
もちろん新人さんも練習を重ねていつかはベテランになるのでしょうし、その練習台になってあげるのもまあ悪くはないですが、それでも同じ値段だったらベテラン美容師さんがいいですよね。
「ベテラン」とはどれくらいの経験がある美容師さんなのかというと、一般的には「10年以上」の経験があるスタイリストさんをいうそうです。
10年以上の経験を持つベテラン美容師さんは「髪を触っただけである程度のことは全てわかる」らしく、施術をされていても安心感は段違いでしょう。
美容院ではその人にあった技術の提案はもちろん、スタイリング方法や普段のお手入れに至るまでのアドバイス・提供が重要になります。
トータルで満足感の高い施術をしてくれるのはやはりベテランさんなので、私は断然ベテラン派です。
もちろん頼まれたりすれば何回かのうち1回は新人さんの練習台になってもいいですけどね。

弁護士に依頼するメリットとは

昔から何かトラブルにあったりすると「弁護士を呼んでくれ」なんてセリフを聞きますよね(ちょっと古いでしょうか…)
実際、最近は弁護士に依頼する人がとても増えているそうで、トラブル解消を時間と労力をかけずにしようとしている人が多いことがわかります。
弁護士は依頼人の代理人となって、本人の代わりに相手とやり取りをしたり、全部の対応をしてくれます。
もし弁護士がいなければ自分ですべての対応をしなければなりませんので、時間や労力以外にも精神的な負担が大きくのしかかります。
そういった意味でも、弁護士に依頼をするメリットは大きいのかもしれませんね。
気になるのは弁護士費用で、弁護士費用は高額なイメージがあります。
実際に高額な費用になることもありますが、依頼する前に費用相場を調べたり、相談することが必要でしょう。
依頼案件にもよりますが、相談料の相場は1時間あたり1万円(税別)のようですが、初回の相談料は無料の法律事務所も多くあります。
また、借金問題などでは多くの場合無料相談からはじめられる事務所が一般的のようです。
弁護士に依頼することでスムーズにトラブルを解決できるようになるので、もしトラブルに巻き込まれた場合には弁護士を頼りにするのが安心かもしれませんね。

松山で税理士を探しているなら

会社を経営している人にとって税理士は欠かせない存在ですが、一度顧問契約を結ぶと長い付き合いになりますよね。
でも税理士に対して、経営の話が通じない、税金対策の提案をしてもらえない、資金繰りの相談に乗ってもらえない、税理士が対応してくれない、困った時に相談できない、料金体系があいまいというような悩みがある人が多いと思います。
税理士に対して不満がある場合には、別の税理士に変えることもできるんですよ。
もし松山で税理士を探しているなら、税理士法人やよいに相談してみるといいでしょう。
これまでの税理士に対する不満を解消することができる税理士事務所で、部門ごとに業績を把握するので、経営の話が通じないこともありません。
またコンサルタント経験も豊富なので税金対策の提案や資金繰りの対策についても提案してくれますよ。
良い提案も時期を間違えてしまうと意味が無くなってしまう場合もあるので、都築決算や日々の問い合わせの対応をスピーディーに行ってくれます。
そして日々のやりとりは税理士が対応してくれるので安心です。
ホームページを見てから起業や税務経理の相談を行うと初回無料になりますよ。

税理士を変えたいなぁ…

個人で商売をやっているので一応税理士に定期的に見てもらってはいるのですが…。
「定期的に」といっても、税理士先生とちょっと話をして帳簿見てもらって、ハイ終わり、という感じなので「誰でもできるじゃん」と何となくそう思うようになってしまいました。
急な事でちょっと相談したいことがあってもなかなかつかまらなかったり、どうもかみ合わない感じがするので、思い切って「税理士を変えよう!」と思っているんです。
今の税理士先生もネットで見つけたんですが、今度はもう少しマッチングで細かくオーダーを出そうと思いますが、果たしていい先生が見つかるかどうか。
そろそろ確定申告の準備を始めないといけないので、もし税理士を変えるなら今しかないんですよね。
確定申告で思い出しましたが、今年から会計ソフトを変えたのでちょっと確定申告も早めに取りかからないとドタバタになりそうです。
とか言いつつ、毎年ギリギリになってドタバタするんですけどね(汗)
とりあえず今年は今の先生でいくか・変えるか、状況にもよりますけど、ちょっと考えてみたいと思います。

DVD制作で費用は気になりますが、品質を疎かにしてはいけないです

どんな物でも作るのに費用は掛かります。
費用が全く掛からなくて作れるものはほとんどないです。
業者に頼まないで自分で作るにしても費用は掛かります。
物によって違いますが、経費は掛かりますね。
業者に頼むと自分で作る以上に費用は掛かります。
ある程度の費用は掛かるから自分で作るにしても業者に頼むにしても費用の事はとても気になります。
どのぐらいの費用が掛かるのかはとても考える所です。

業者にDVD制作を頼むとなると安い費用では済まされません。
業者によって料金は違いますが、料金が高い業者だから優良なDVDを作れるというわけではありません。
料金で品質が変わるわけではないです。
料金で品質が変わっていたら困ってしまいます。

自分でのDVD制作なら制作する時の経費だけで済みます。
だいたい材料費ですね。
しかし、業者に依頼する時は業者に支払う料金も入ります。
業者に依頼するのに料金を支払わないという事はあり得ないです。
格安業者に依頼したい人は多いです。
格安業者だったら費用を抑える事ができますからね。
でも、安さだけで選ぶのはダメです。
DVD制作を業者に依頼する時は料金がとても気になりますが、品質を重視しないで選ぶのは止めた方が良いです。
何といっても重要なのは質ですからね。

留学中にやりたいことを決めよう!

以前よりも海外が身近になったのは、インターネットの普及が大きいですよね。
パソコンや携帯端末を操作するだけで、海外の情報に触れることができます。
旅行気分を味わえることはもちろん、ネット通販で買い物ができるのも便利です。
しかし、自分で海外へ行くことにより、その国の文化や歴史をストレートに感じられます。
それが海外を訪れるメリットではないでしょうか。
また、海外へは旅行で出掛けるだけでなく、留学をする方法もあります。
留学の目的は人それぞれ。
海外に滞在する期間の長さもいろいろですよね。
短期留学から長期留学まであり、留学目的によっても変わってきます。
学生時代に留学する場合は、日本の学校との調整も必要になります。
そのため、いろいろと大変なこともありますが、学生時代にしかできない貴重な経験を積むことができますよね。
せっかくの海外留学です。
留学に憧れるだけでなく、自分がやりたいことをきちんと決めましょう。
それによって、留学先の国や学校探しにも関わってきます。
留学経験を持つ人が身近にいる場合は、その人に話を聞くとよいかもしれませんね。
とにかく、しっかり情報収集することをおすすめします。

高齢になっても歯を残したいから予防歯科や日頃のケアが大切です

高齢になると自分の歯でない人はいます。
高齢になっても自分の歯を持っている人もたくさんいます。
自分の歯を持ち続けたいと思うのは普通です。
自分の歯が無くなっても良いと思う事はないです。
自分の歯をいつまでも持ち続けるためには丈夫な歯でいないといけません。
歯が脆くなると自分の歯を持ち続けるのは困難になります。

歯科でおこなう治療は大事なものばかりです。
治療でなくても大切なものはあります。
予防歯科はとても大切な歯科診療です。
若い人でも予防歯科は大切です。
歯の予防は若いうちからしておいた方が良いです。
高齢になってから歯の予防をする人はいますが、高齢になってからでは遅い場合がほとんどです。

予防歯科は何歳でも受信できますが、出来るだけ若いうちに受診した方が良いですね。
歯が丈夫なうちに予防歯科を受診しといた方が良いです。
悪い歯が多くなってから予防歯科を受診しても予防ではないですからね。
虫歯にならないために予防歯科はあります。
予防をしたからと行って虫歯にならないという保証はないですが、予防歯科に通院していれば虫歯になるリスクを減らす事はできます。
高齢になっても自分の歯を残したいですから予防歯科だけではなく日頃から歯をケアしておく事が大切です。