「認定心理士」「臨床心理士」心理学の資格はどう役立つか?

最近、社会人になってから新たに心理学系の資格の勉強をされる人が増えているそうです。
心理学は様々な人間関係の悩みを解決するための(できるかもしれない)学問という位置づけで、その代表的な資格には「認定心理士」と「臨床心理士」があるそうです。
「認定心理士」とは企業の人事部などで人事労務管理や採用・人材教育、そして医療や福祉や教育分野などあらゆる場面で心理学の知識が活かせる資格となり、これから臨床心理士など心理学系の専門職を目指す場合の登竜門的な資格になっているようです。
そして「臨床心理士」は心理学専門職になるための必要不可欠な資格で、スクールカウンセラーや企業カウンセラーなど活躍の場は広く、最近ではとても需要のある人気職種のひとつにもなっているそうです。
ただし、臨床心理士の資格は難易度が高く例年の合格率は6割ちょっとになるそうなので、しっかり勉強した人しか合格できない難関資格のようですね。
ちなみに臨床心理士は大学院修士修了と実務経験は必要らしいので、受験資格を得るまでにも結構なかなかハードルも高そうですね。