相続税の節税対策は生前贈与が必須

わが家は一般家庭なので資産もなく、きっと相続の時がきたら揉めることなんてないんだと思いますが、資産がある家は大変でしょうね。
資産を受け継ぐとなると相続税が発生するので、相続税を抑えるためには早い段階から相続税の節税対策する必要があります。
相続税の節税対策も色々ありますが、生前贈与が必須です。
生前贈与が相続税の節税対策で最も有効で、これは被相続人が生きているうちに配偶者や子供に財産を贈与することです。
被相続人が亡くなった後に節税対策をしようと思っても、やれることはほとんどないので、亡くなった後に何とかしようと思っても遅いのです。
ですから生きているうちに何とかする必要があり、生前に資産を贈与して遺産を減らしておけば相続税の額を減らすことができるのです。
相続財産が多いほど支払う相続税も多くなりますが、少なくなれば支払う相続税も少なくなりますからね。
まあ、資産がたくさんある人なら生前贈与なんてすでに行っていると思いますが。
自分が死んだあとに家族が揉めないためにも、お金があっても無くても相続の事はしっかりと考えておきたいものですね。